ヨーロッパええでしょう。

ヨーロッパに来て3年になる日本人が日々の海外生活を紹介するブログです。雑記なのでレビューとかいろいろ書いてるよ!

ヨーロッパの暖房器具は超優秀!セントラルヒーティングの暖かさは異常。

どうも。ヨーロッパええでしょう。(@eueede)のです。

f:id:trevorotus:20171211223003j:plain

昨日からオランダは今シーズン初の大雪に見舞われました☃

朝から大量に降ったおかげで昼にはもうこんなに積もってしまい・・・❄

f:id:trevorotus:20171211223104j:plain

1時間後にはこんな感じ↓ ひえー。

f:id:trevorotus:20171211223147j:plain

 

f:id:trevorotus:20171211222707j:plain

子どもたちやワンちゃんたちが、楽しそうに雪原を走り回っていました♪

 

そして今朝は定期検診のために病院へ行く必要があったんですが、積もりに積もったので、朝から車の除雪がなかなか大変でした。

f:id:trevorotus:20171211225148g:plain

(去年のフィンランド旅行のためにスキー手袋買っといてよかった!)

 

そんな今日の気温は、最高1℃最低0℃!さぶ!

日本に居た時は、幼少の頃から長野県へ毎年スキー・スノボ旅行に必ず出かけていたので、寒さには慣れているつもりだったんですが、やっぱり寒いもんは寒いですね。

 

ちなみにオランダの気候は、風車による風力発電が盛んであることから、年中風が強いのが特徴で、気温はそこまで低くなくても、風のせいで体感温度が寒く感じる事が多々あります。

 

一応オランダにも四季はありますが、日本ほどはっきり別れている感じではなく、あえて表現すると「冬冬」という感じです。

夏のシーズンは、30℃を越える日が年に1〜2回ほどしかなく、寝苦しい熱帯夜もないので、扇風機だけで快適に過ごせました。しかもこっちは湿気も少なくカラッとしていて過ごしやすいので、こっちで夏を経験してしまうと、真夏に日本には帰りたくなくなります。

f:id:trevorotus:20171211213856g:plain

(今じゃ、あの暑さはもう耐えれる気がしない。。。)

 

夏は過ごしやすくて良いんですが、問題はその後。

日本では9月はまだまだ残暑が残る時期ですが、こっちでは一気に気温が低下してきて、日照時間も短くなってくるので、寒いし暗いし、何より冬が始まるのが早すぎる!

秋服を堪能する間も無いまま、9月の時点でもうダウンが必要になるぐらい寒くなります。

 

しかし!そんな、外はめちゃくちゃ寒い時期が長く続くオランダですが、部屋の中はめちゃくちゃあったかい

  

どれくらい温かいかというと・・・

外の平均気温が1℃の12月であるにもかかわらず、寝る時は、夏用の軽い掛け布団1枚だけで寝れるぐらいです。毛布無しで、しかも上は未だに半袖で寝れています!

渡欧してからこれまでオランダの冬を3度経験してきましたが、今まで毛布を使ったことがありません。

 

それもこれも、この「セントラルヒーティング」という暖房器具のおかげですᐠ( ᐛ )

f:id:trevorotus:20171211222341j:plain

エアコンとは違って、給湯器温水を作ってそれを各部屋にあるパネルヒーターに流して部屋を温めるという仕組みの、欧米ではメジャーな暖房器具です。

我が家では、このパネルヒーターがリビング・寝室・玄関にと、各部屋に設置されています。

温水なんかで部屋があったかくなるかいな・・・と思いきや、これが異常に暖かい

 

f:id:trevorotus:20171211223946j:plain

こんな感じでセントラルヒーティング専用リモコンで温度を設定しておくと、部屋の温度が●℃以下になったら、自動で各部屋を指定温度まで暖めてくれるという優れもの。

うちは今、部屋の温度が15℃以下になったら、23℃に暖めるように設定しています。

なので、どの部屋にいっても23℃が保たれていて、真冬でも半袖で過ごせてしまうほど超快適に過ごせるというわけです。

 

ボイラーで温水を作って部屋全体を暖めるので、ストーブみたいに灯油臭くは全くならないですし、部屋の空気はクリーンさを保てます。

さらに、パネルヒーター自体もさほど高温にならないので、触っても火傷をする心配がなく、小さいお子さんがいても安心です。

そして、温度上昇のムラがほとんど無いのもメリット。家の中でヒートショック現象暖かい空間から冷たい空間への移動時に身体が医学的なショック状態となる症状になる危険性も少ないので、お年寄りの方々にも好まれている様です。

 

なにより一番感動したのが、空気が乾燥しないこと。

日本ではエアコンがメジャーですが、エアコンの暖房の風ってめっちゃ乾燥しますよね・・・。私も日本にいた頃はエアコンのせいで毎年喉がイガイガになったりして、気管支炎になることも多々ありましたが、こっちでは全然そんな事にならず!快適です!

 

日本でもセントラルヒーティングが普及すればいいのに・・・!ってめちゃくちゃ思うんですが、スキー場のゲレンデのレストランで、よくみんなが手袋とか帽子とか乾かすために、壁際にある暖房器具の上に乗せて乾かしてませんか?あれも今思えば、多分セントラルヒーティングかと思います!

寒い地域だと、日本でも使っているところはあるかもしれませんね。

 

でも日本は夏が死ぬほど暑いから、やっぱりエアコンがどうしても手放せないことを考えると、セントラルヒーティングが日本にも広く普及するのは非現実的なのかもなあ・・・。